docker-php-ext-installのjオプションは同時に実行するジョブ数

タイトルが結論である。

Cloud RunのPHPサンプルを調べているときに、下記のnprocの結果を引数にしているjオプションが気になり、調べた。

RUN docker-php-ext-install -j "$(nproc)" opcache

php-docs-samples/Dockerfile at 6609166f71b1049f45360480963c2327b00b7959 · GoogleCloudPlatform/php-docs-samples · GitHub


docker-php-ext-install はPHPのエクステンションをインストールしてくれるシェルスクリプトで、 中身としては make が実行されており、docker-php-ext-install のjオプションも make に渡されている。

while true; do
    flag="$1"
    shift
    case "$flag" in
        --help|-h|'-?') usage && exit 0 ;;
        --ini-name) iniName="$1" && shift ;;
        --jobs|-j) j="$1" && shift ;;
        --) break ;;
        *)
            {
                echo "error: unknown flag: $flag"
                usage
            } >&2
            exit 1
            ;;
    esac
done

php/docker-php-ext-install at master · docker-library/php · GitHub


makeのjオプションは同時に実行するジョブ数を指定する。

-j [jobs], --jobs[=jobs]
Specifies the number of jobs (commands) to run simultaneously. If there is more than one -j option, the last one is effective. If the -j option is given without an argument, make will not limit the number of jobs that can run simultaneously.

linux.die.net


そのため、

RUN docker-php-ext-install -j "$(nproc)" opcache

php-docs-samples/Dockerfile at 6609166f71b1049f45360480963c2327b00b7959 · GoogleCloudPlatform/php-docs-samples · GitHub

上記の記述は、nprocでプロセッサの数を取得し、適した並列実行数で処理することで、効率よくエクステンションをインストールするという1行である。